Ultrasonic(超音波)を可視化するウルトラな音響カメラ

超音波に特化することで、小型化が実現されました。

  • 100kHzまでの音の可視化に対応
    • 超音波(Ultrasonic)を測定し、異常の事前検知などにも
      (周波数の低い音には従来機をおすすめいたします)
  • 従来機(SoundCam 2.0)に比べて小型・軽量化
    • 31 x 16 x 5.5 cm
      (従来機:34 x 34 x 9.5 cm)
    • 1.5 kg(従来機:3 kg)

“音を撮影”

72個のマイクが内蔵されており、これらのマイクに到達した音を解析することで、映像上にカラーマッピングで音を表示します。

エア漏れなどの不具合がある場合、映像上で視覚的に不具合箇所を特定することが出来ます。

コンテンツをご覧いただくために
このコンテンツをご覧いただくためには、cookieの使用に同意願います。
兄弟機種の御紹介ビデオ。扱い方は同様です。

小型・軽量で、すぐに使える音響カメラ

SoundCam Ultraはラインナップの中でも最も軽量で、楽に持ち運ぶことが出来る小型音響カメラです。
ケースから取り出し電源を入れればすぐに使用可能。面倒な組み立てや接続作業を行うことなく利用できます。
敷地内に点在する複数の測定箇所を巡回する場合にも扱いやすい製品です。

IP54準拠で安心。LEDライトも搭載

SoundCam UltraはIP54準拠。水はねが懸念されるエリアや屋外などの環境でも安心してお使いいただけます。

また、LEDライトが内蔵されており、照明の不足した暗い状況での撮影もサポートします。

瞬間的な音もキャッチ。トリガなどの便利機能も

音響データは最速で毎秒100フレーム撮影。瞬間的な音もキャッチします。
撮影後は1コマずつ確認できるため、過渡的な音の様子もしっかり確認できます。

また、トリガ機能により音が鳴ったタイミングで自動的に録画を行うことも可能です。

使い方は簡単です

SoundCamファミリーの音響カメラは、どれも簡単に使用することが出来ます。本体をケースから取り出し、電源を入れ、タッチディスプレイで少し操作を行えば、すぐに測定開始できます。

コンテンツをご覧いただくために
このコンテンツをご覧いただくためには、cookieの使用に同意願います。

想定用途

  • エアーやガスの漏れ箇所特定
  • 電気設備の異常個所特定(放電音検知)
  • 予知保全
  • 音を頼りにした検査  などなど
低い周波数の音を可視化するには……

低い周波数の音を可視化するためには、マイクロフォンアレイ(マイクユニット部)の大きな装置をご利用ください。

SoundCamファミリーでは、SoundCam 2.0をお使いいただくことで、SoundCam Ultraよりも低い音を可視化することが出来ます。

音を“見える化” - 音響カメラ

より詳しい情報をご覧になりたい場合はカタログをご覧ください。
フォーム送信後、すぐに閲覧URLが送付されます。

ご不明点がございましたらお気軽にシステムプラスにお問い合わせください。